活きている酵素を届ける新谷酵素公式通販
スーパーオリマックス (30~90日分)

スーパーオリマックス (30~90日分)

古代米の加工食品

送料無料

販売価格
51,840(税込)

今回のみのご購入

通常価格 1箱 51,840(税込)
【518ポイント進呈】

個数
                                                        

特徴

新機能性食品オリザロース使用 米加工食品

発酵古代米が持つ、様々な機能性成分があなたの健康維持をサポート

「スーパーオリマックス」は古代米の一種である紫黒米を原料とし、酵母を用いて発酵させた発酵古代米(特許 第3760139号)を主材料としています。 アントシアニン、GABA(γ-アミノ酪酸)、および米ぬかの食物繊維に由来する低分子米ぬかアラビノキシラン「オリザロース®」が主な食品成分です。 防衛体力を養い、若々しく、行動力旺盛な日常生活を目指す方におすすめします。

スーパーオリマックスの健康成分

◎オリザロース® (低分子米ぬかアラビノキシラン)
オリザロース®は、古代米を発酵させて作ったアラビノキシラン(ヘミセルロース)誘導体です。ガラクトース、アラビノース、キシロース等から構成される複雑な糖鎖構造を有しています。その構造を壊さず低分子化することに成功しました。

◎アントシアニン
ポリフェノールの一種で、原料の紫黒米の色素です。近年、植物性色素がファイトケミカルとしてその機能が注目されています。

◎γ-アミノ酪酸(GABA)
古代米の発酵過程で生成されるアミノ酸の一種です。脳や脊髄にもともと存在している神経伝達物質ですが、年齢とともに減少していきます。

原料となる古代米<紫黒米>は、生産者が確認できる国産米を使用

原料米は、日本国内の契約農家で栽培され、厳選した紫黒米(しこくまい)が使用されています。恵まれた自然環境の中で大切に育てられた古代米の持つ力が生かされています。

安全性の維持

古代米は、その名前の通り古くから食用に供されており、安全性に問題はないと考えられます。急性毒性試験、変異原性試験等をクリアしていることはもちろん、メーカーと原料生産者が顔の見える関係を通じて、その安全性を維持するよう努められています。原料として使用する厳選した紫黒米の米ぬかは、通常生産枚から集めた米ぬかよりも、さらに安心な原料と考えられます。過去に食経験のない原料を使った製品よりも、お米を主原料としたバランスの良い配合の「スーパーオリマックス」は、安心して長期間お召し上がりいただける栄養機能食品ではないかと思います。

ピュアな製造方法

古代米の持つ「長生きパワー」を損なわないように、出来るだけ余計なものを加えず、古代米が持つ自然な成分配合比を崩さない製法で生産されています。

成分・仕様

名称 発酵紫黒米
原材料名 発酵紫黒米、加熱紫黒米玄米微粉末、デンプン分解物、マルチトール、米胚芽発酵エキス末、殺菌乳酸菌粉末(デキストリン、殺菌乳酸菌(乳成分を含む))、黒米エキス加工粉末/テアニン、ビタミンE、ビタミンB1
摂取目安 1日1袋~2袋
栄養成分表示 1袋あたり

●エネルギー:4.85kcal ●タンパク質:0.31g ●脂質:0.10g ●炭水化物:0.80g ●糖質:0.63g ●食物繊維:0.17g ●食塩相当量:0.005mg ●ビタミンB1:10.5mg ●ビタミンE:7.785mg

製造 日本製

お召し上がり方

1日に1袋~2袋を目安に、そのまま水またはぬるま湯でお召し上がりください。

ご使用上の注意

栄養機能食品(ビタミンB1・ビタミンE)

▽ビタミンB1は、炭水化物からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
▽ビタミンEは、抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。
▽本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。一日の摂取目安量を守ってください。
▽一日当たりの摂取目安量に含まれる当該栄養成分の量が栄養素等基準値(対象年齢18歳以上、基準熱量2200kcal)に占める割合(栄養素等表示基準値<2015>):ビタミンB1・1750%、ビタミンE・250%
▽本品は、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査をうけたものではありません。

内容量

39g(1.3g×30袋)×3箱

形状

※写真または図

賞味期限

製造日より3年

スーパーオリマックス (30~90日分)

スーパーオリマックス (30~90日分)

今回のみのご購入

通常価格 1箱 51,840(税込)
【518ポイント進呈】

個数
                                                        
お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ